スコーミッシュ

竹内さんと職場の友人2名とでカナダのスコーミッシュへ行ってきました。
期間:9/19~9/25
メンバー:竹内、宇都宮、他2名

この時期のスコーミッシュは雨が多いらしく、5日間のうち2日雨にやられましたが、壁の乾きが早いので降った翌日にはすぐに登れるエリアも多く、しっかり登ることができました。印象としてはフィンガークラックのグレードが辛い印象でした(5.10b位でも結構冷や汗モノのルートもありました)。個人的には今回の目当てだったThe Chiefのマルチピッチ「The Grand wall(5.11a、A0)」がそこそこのスタイルで登れたので満足です。「せめてあと10日あればねぇ・・・」というのが帰国の途でのみんなの感想。

<参考データ>
・1CA$=78円
・バンクーバー~スコーミッシュ間は車で約1時間30分
・キャンプ場:アリスレイクキャンプ場(森の中にある静かなキャンプ場。スコーミッシュから車で約10分) 1サイト大人4人まで@10$/人
・ガスカートリッジはスコーミッシュ街中にある山道具屋で手に入るが、スーパーには売ってない。
・コピー機は日本のようにコンビニにないのでマルチのトポなどは日本からコピって行くとよい
・スーパーの駐車場やinfomation centreではフリーwifiあり。
・ロープは60mでOK(50だとルートによっては厳しいかも)。

(宇都宮 記)
1475047560791
↑Smoke BluffsのClimb&Punishment(5.10d) これはオンサイト。
1475055139106
↑The Chief全景
received_946428778812439
↑The Chiefの看板ルート「The Grand Wall」 の4ピッチ目split pillar
received_946428428812474
↑The GrandWallの6ピッチ目Perry’s Layback(5.11a)
1475047625560


ペルーアンデス 

山野井、野田の1ヶ月間のアンデス登山の報告です。

ブランカ山群のピラミデ南西壁(5885m)。高所順応としては少々難しく、4800
mのキャンプから18時間かけ往復しました。同ルートを10数回V字スレットを作
り下降しました。
その後、ローカルバスを乗り継ぎ本来の目的地ワイワッシュ山群に入りました。
まずは未踏のプスカントゥルパ東峰南東壁(5410m) 山野井が3年前から考えて
いたラインに6月15日に取り付きました。前半は難しい岩が連続し後半は脆い岩と
シュガースノーに苦労しましたが、16日午前10時に登りきることに成功しまし
た。
ルート名 クンピールガンスウミョンガンダ
ベースキャンプを移動後、トラペシオ南壁(5653m)へ。 ここにはすでに2本の
ルートが存在しますが、空白の右に新ルートを求めました。日程の迫った23日に取
り付き、14時間後の午後4時過ぎに登り切りました。前半はそれほど難しくはありま
せんでしたが、後半はかなり危険な岩と氷を突破しなければなりませんでした。
ルート名 マジックベル

今回は日本を出る時から2つの山で新ルートを考えていましたが、理想的なラインか
ら登れ大満足な登山となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA