白馬岳主稜

山行日:4月20日(水)

メンバー:植田、H

 

19日21時半に都内を出発し、24時二股駐車場到着。テントにて就寝。

7:00 二股出発 → 8:00 猿倉山荘 → 9:00 白馬尻

9:30白馬尻出発 → 18:00 山頂 → 23時二股駐車場到着 → 翌3時都内へ帰着

 

当初、初日は6峰あたりでテン泊、21日に登頂し下山する計画だったが、

21日午後から荒天の予報となったため、少なくとも4峰まで進み、翌日午前中には下山することを目指して歩き始めた。

白馬尻から稜線を見ると、去年おなじ時期に来た時よりも雪が少ない。

1

 

8峰への登り。暑くて汗だくになりつつ進む。

2

露出したボロボロの岩を登る

3

ひたすら雪の峰を越えていく。

4

最後の雪壁が見えてきた

5

15時半に4峰到着。

ここで幕営するか頂上まで抜けてからにするか協議。

余力があったのでとりあえず頂上まで抜けることに決定。

その後、3峰でさらに急峻な岩露出部分が出現。

これまでの箇所よりかなり脆かったので、念のためロープを出す。

そして55mの雪壁を登り、頂上へ抜けた。

6

頂上へ抜けるとものすごい強風。「ヤマテン」を確認すると風速19m、さらに強くなる予報。

白馬山荘まわりに風がよけられる場所を探すが、どこも吹き荒れていたので幕営せず、そのまま下山することに。

月に照らされた、明るい雪渓をくだって帰ることができました。

記 植田


谷川岳馬蹄形縦走

DSC_0170
DSC_0163

2月の下旬に一人で谷川岳の馬蹄形縦走をしてきました。ぎりぎりの日数とぎりぎりの食料でたった一人、エスケープルートの少ない山の奥へ奥へと入っていく緊張感はなかなかのものでした。
2/26 晴れ→吹雪 6:30指導センター~13:30谷川岳~16:30茂倉岳小屋
天気予報が外れてくれて快晴の西黒尾根を歩きだす。前回1月下旬に来たときは4時間で上がれたが今回は雪が多く7時間かかってしまう。稜線に上がる頃には吹雪になった。視界がなくなり、道標に書かれた52m先の頂上小屋すら見えない状態。先行きに不安を覚えるが、休憩した小屋で見つけた誰かの忘れたクリームパンを食べたら元気が出てきた。計画続行。ほとんど休みなく10時間歩き続けた末にたどり着いた茂倉岳避難小屋は雪でほぼ埋まっていた。夜通し風雪。除雪2回。
2/27 晴れ→吹雪 6:30~12:00清水峠12:30~17:00朝日岳手前
昨晩は風が強くあまり眠れなかった。今日は弱い高気圧に覆われて晴れるはず。武能岳を越える頃には予報どおり快晴になる。上越の山々が遠くまで見渡せ、来てよかったと思う瞬間だ。所々クラストした稜線を快調に飛ばしていたが、蓬峠で片方のワカンが真っ二つに壊れてしまった。補修できるレベルではない。嘆いたところで始まらないので片方だけで歩くことにする。清水峠からの登りで天気が崩れ始め、風が出てきた。立ち止まると一気に体温が持って行かれるのでスピードを落として休まず歩き続ける。吹きさらしの稜線ではテントの張りようもなく、ハイ松帯に洞穴を作って一晩の宿にするかとも思ったが、朝日岳周辺まで行けば地形が複雑だから風も避けられると踏んで進み続ける。陽が落ちる少し前、風を避けられる恰好の窪地を見つけた。よかった。
2/28 霧→晴れ 7:45~11:40白毛門~12:45土合登山口
朝起きるとガスの中。今日中に降りられるのは確実だし晴れてくるのは分かっていたので、ガスが晴れるのを待って出発する。快晴の中、対岸の一ノ倉沢を眺めながらのんびりと下山する。昼過ぎに土合着。
(宇都宮 記)